思考実験としてのグアム旅行
思考実験としてのグアム旅行
ホーム > 美容 > ニキビが発生するまでのプロセスは・・・

ニキビが発生するまでのプロセスは・・・

20歳を過ぎてからできる大人ニキビは、一般的に吹き出物と言われているものを指しますが、顔だけでなく、背中や胸、お尻など、さまざまなところにできてしまいます。

ある日、鏡に自分の顔を映してみてポツンとできた赤いニキビを見つけると、ショックで憂欝な気分に陥ってしまう女性は多いのではないでしょうか。

そんな大人ニキビは、突然と現れるように思いがちですが、当然そんなことはなく、それなりのプロセスを経て成長し、ある程度の期間をかけて肌の表面に現れます。

そのニキビが発生する最初の始まりは、何らかの原因からホルモンバランスが乱れ、その影響で肌の角質が異常を起こして毛穴を塞いでしまうことです。

出口が塞がれた毛穴は、皮脂が溜まり、それをエサにしてアクネ菌が繁殖して、いずれ炎症を起こします。

炎症を起こした状態は、肌表面からはっきりと目立つように現れ、一般的に赤ニキビと呼ばれています。

また、炎症を起こす前で皮脂が詰まった状態は、白くポツンと盛り上がって見えることから白ニキビ、毛穴の出口が少し開いて皮脂が酸化して黒く見える状態を黒ニキビと呼んでいます。

この炎症がひどくなって悪化すると、ブヨブヨの膿を持って大きく腫れ上がったりしますが、ここまで進行するとなかなか消えないニキビ跡として残ってしまう恐れがあります。

特に、背中やお尻などの直接、目の届かない場所にできるニキビは、炎症しているにもかかわらず、入浴中、硬いタオルでゴシゴシと強く擦ったり、つい、爪で引っ掻いたりして傷つけてしまうと、ニキビ跡として残るので十分に注意して下さい。

最終的には、ニキビの膿が外に排出されるか、肌の中に吸収されたりして完治します。

ニキビ発生には、こうしたプロセスがありますが、できてしまったニキビよりも、毛穴が塞がれないようにケアすることがニキビ予防には大切です。

Must be now ! ダイエット・美容インフォ

また、「皮脂が多いとニキビができやすい・・・」と誤解している方も多いようですが、乾燥肌の方もできますし、あまり肌質には関係ありません。

それよりも、常にホルモンバランスが正常に保たれていることが重要です。

睡眠不足や栄養が偏るなどの乱れた生活習慣は、ホルモンバランスを乱す要因になるので注意が必要です。