思考実験としてのグアム旅行
思考実験としてのグアム旅行
ホーム > 社会保険 > 国民年金の繰り上げ受給は損?

国民年金の繰り上げ受給は損?

国民年金の老齢基礎年金は、65歳から受給を開始するのが基本ですが、本人が希望すれば受給開始を1カ月単位で60歳まで繰り上げることや、70歳まで繰り下げることができます。

ただし繰り上げ受給を選択すると、65歳から受け始める年金額に比べ、受給金額は、1ヶ月早くなるごとに0.5%ずつ減額されます。

 

 

社会保険の新規加入をする社労士はこちらへ!

 

 

退職後の60代前半は一般に収入が少ないことや、公的年金に対する不信感から、最近は繰り上げ受給をする人が増え、

およそ4人に1人の割合になっているようです。

しかし、繰り上げ受給をした場合には、減額されたままの年金額が一生涯続きます。

そのため、5年繰り上げて60歳から受給しても、76歳7ヶ月以降の年金受給総額は、65歳から受給した場合より少なくなってしまうのです。

長生きをすればするほど、繰上げ受給は損ということになってしまうようです。